アイクリームランキング 人気調査隊

何とかしたい! 見た目年齢を老けさせる 目の下のクマ

 

「あ〜、今日もこのクマ治らない!
老けてみられるし、疲れて見えるし、
何とかしたいわ」

 

目の下のクマは、顔の中でも、
あなたの見た目年齢に
一番大きな影響を与えています。

 

早い人は10代後半から、上は60代・70代の方まで
様々な年代の方が深刻に悩んでいる、
深刻な目元のお悩みの一つです。

 

実は女性の3人に1人が、目元のクマのお悩みがあると言われているほど。
目元のクマは、多くの女性たちを悩ませている深刻な問題なんですね。

 

 

そもそも、目元は、皮膚がとても薄い部分。
頬の皮膚の1/4程の厚さしかなく、約0.5o程度の厚みしかないのです。

 

とても薄く、少しの刺激でもトラブルにつながってしまう
とても繊細なパーツなんですね。

 

そして、目元は、トラブルが非常に出やすく、なかなか改善しにくい場所。
気付いた時に正しいケアをすることが大切です。

 

まず、クマの原因について、紹介しましょう。

クマのタイプは3種類 あなたのクマはどのタイプ?

 

目の下のクマには、大きく分けて3種類のタイプがあり
それぞれ原因・症状が全く違います。

 

  ・青クマ ⇒ 血行不良が主な原因
  ・黒クマ ⇒ 目元のたるみが主な原因
  ・茶クマ ⇒ 色素沈着が主な原因

 

あなたのクマはどのタイプでしょうか。

 

 

◆青クマ◆

 

 

下まぶたを引っ張ると薄くなるクマです。

 

青クマの原因は、血行不良

 

特に、肌の色が白く、
冷え性の方が青クマになることが多く

 

また、睡眠不足や目の疲れ(パソコン作業やTVの見過ぎなど)で
できるクマもこちらに分類されます。

 

目の周りには、毛細血管が多く走っていますが、
血行不良になり、血流が滞ってしまうと、

 

もともと肌の薄い目元は、その滞った血液が透けて見えてしまうのです。

 

 

【青クマの解消方法】

 

まずは、目元の血行を改善しましょう。
目元にやさしいアイクリームなどをつけ、
マッサージをするのが効果的
です。

 

≫効果的なマッサージの方法はこちら

 

また、ホットタオルで目元を温めたり、
体を冷やさないよう気を付けることも大切です。

 

パソコンのし過ぎ、睡眠不足も青クマの原因になりますので
規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

 

◆黒クマ◆

 

 

上を向くと薄くなったように見えるクマです。
黒クマの原因は、目元のたるみです。
まるで、クマが影のように見えませんか?

 

これは、目元の皮膚が衰え、
コラーゲンを生み出す細胞が老化して
肌に弾力がなくなってしまったこと
そして、目元の筋肉が凝り固まり、たるみを作ってしまっているのです。

 

 

 

【黒クマの解消方法】

 

あなたのクマが黒クマであれば、
目元の肌を根本から改善しなくてはいけません。

 

肌の奥の細胞に働きかけるアイクリームを選び
肌細胞を活性化させる
ことが一番の改善方法です。

 

肌表面だけにしか浸透しないクリームは
黒クマにはまったく効果がありません。

 

当サイトでも人気の「ビーグレン トータルリペアアイセラム」など
浸透力の高いアイクリームを選び、
丁寧にマッサージして根気よく治すようにしましょう。

 

目元の保湿パックなども効果的です。
また、抵抗がないのであれば、美容皮膚科でヒアルロン酸注射などの
施術を受けてみるのも効果的でしょう。

 

 

 

◆茶クマ◆

 

 

茶クマの原因は、色素沈着やシミ
紫外線は、茶クマの一番の大敵です。
目元は皮膚が薄く、紫外線を浴びやすい場所。

 

メラニン色素が定着しないよう、
紫外線対策をきちんとしておきましょう。

 

また、目元をこすったり
強引にアイメイクを落としたりしていませんか?

 

肌を刺激し、摩擦が起きてしまうと、色素沈着し
茶クマの原因になってしまいます。

 

 

その他、青クマを長期間ケアせずにいた場合も
茶クマに変色してしまうケースも多く見られます。

 

 

【茶クマの解消方法】

 

とにかく、力を入れずにメイク落としやマッサージをします。
目がかゆいときは、目薬などで対応し、
絶対に目元に刺激を与えないようにすることが大切です。

 

茶クマの解決は、肌のターンオーバーを整えることがカギ。
コラーゲンやヒアルロン酸など
肌の再生力を整える成分が配合されているアイクリームや
美白効果のあるアイクリームを選ぶと効果的です。

 

 

 

体験談はこちら

 

 

 

>> アイクリームランキングへ戻る