アイクリームランキング 人気調査隊

まぶたの黒ずみの原因は?

 

まぶたの黒ずみ

ちゃんとメイクを落としているのに、
何だかモッタリと黒ずんだまぶた。

 

 

まぶたが黒ずみ、色素沈着を起こしてしまうと
周りからも疲れて見られますし、
健康的な美しさも半減してしまいます。

 

それに、どんなにがんばってアイメイクをしても
まぶたの肌自体が黒ずんでいては…
その努力も台無しです。

 

 

ご存知ですか?
まぶたの黒ずみの原因は、その多くが普段の生活習慣です。

 

 

@まぶたをこする

 

まぶたの黒ずみ

アレルギーなどで目がかゆかったり、
考えるときに癖でまぶたを触ってしまったり。

 

日常的に何気なくまぶたをこする習慣がある場合は
まぶたは黒ずみやすくなります。

 

 

まぶたの肌は卵の薄皮程度しかなく、
顔の中でも特に薄いのです。

 

そこを力を入れてゴシゴシこすってしまうと、
肌の色素細胞が刺激され、メラニン色素を増やします。
その結果、まぶたはどんどん黒ずんでしまうんです。

 

 

同様に、クレンジングのときに、アイメイクを落とすために
ゴシゴシまぶたをこすったりしてしまうもの絶対ダメ!
肌を傷めつけ、目元の色素沈着は悪化をたどる一方です。

 

アイメイクには、目元専用のクレンジングを使うと
肌に負担が少なくなるので、おススメ
です。

 

 

Aメイクの落とし残し

 

アイメイク

メイクがきちんと落ちていない場合も、
まぶたの黒ずみが悪化します。

 

メイクに含まれる色素や金属成分が、
まぶたにどんどん蓄積

それが染みついてしまうのです。

 

 

特に、パールやラメなど金属を多く含むメイクは、
メイクをしているときには華やかでかわいいのですが
クレンジングでも落としにくいので、
まぶたの黒ずみを作ってしまいます。

 

 

B力強すぎるアイケア

 

スキンケア,目元

目元に美容成分をしっかり浸透させたいからと言って
コットンで強くパッティングをしたり
力いっぱいマッサージをしていませんか?

 

 

まぶたに必要以上に刺激を与えてしまうと
色素細胞が活発化し、
メラニン色素が増徴してしまいます。

 

 

同時に、まぶたに刺激を与えすぎてしまうと
目の周りの肌のバリア機能が乱れ、肌が乾燥しやすくなります。

 

その結果、潤いが足りずにくすみや色素沈着が進み、
黒ずんだまぶたになってしまいます。

 

せっかくお手入れしているのに、それが逆効果になることもあるんですね。

 

 

まぶたの黒ずみを改善する方法は

 

このように、まぶたの黒ずみの原因は
強すぎる「摩擦」や「刺激」がほとんどです。

 

ですので、まぶたの黒ずみを改善するには、
とにかく、まぶたに刺激を与えずにやさしくケアすることが大切です。

 

 

【まぶたの黒ずみを改善するコツ】

 

チェック 目元はこすらない
チェック アイメイクは専用リムーバーでやさしく落とす
チェック 目元ケアはとにかく優しく

 

スキンケア,女性

先ほども言いましたが、目元の皮膚は本当に薄く
ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。

 

ですので、まぶたのケアをするときには
「お豆腐にさわるような」優しいタッチで
行うイメージなのです。

 

 

また、まぶたはとても乾燥しやすく、
ダメージを受けやすいパーツです。

 

だからこそ、力を入れなくても
まぶたにしっかり浸透していく
伸びが良くて保湿力の高いアイクリームを選ぶとよいでしょう。

 

 

 

体験談はこちら

 

 

 

>> アイクリームランキングへ戻る