アイクリームランキング 人気調査隊

涙袋のシミの原因は?

 

涙袋

涙袋のある女性は、とても魅力的に見えますよね。

 

最近では、「涙袋メイク」や
「涙袋コスメ」なども流行しています。

 

ほんのりホワイトやピンクのカラーをのせ、
涙袋をぷっくりとさせていると、
目元が潤んだように見え
女性らしさがUPするようにみえますよね。

 

 

ですが、涙袋は若いうちはいいのですが…
目元の肌が衰え始めると、一気に肌老化が加速し、
たるみやシミ、シワができやすいパーツなんです。

 

 

 

涙袋のシミの原因は…
 濃い色のアイシャドウによる色素沈着

 

涙袋をはじめ、目元の肌は顔の中でも特に薄く
しかも、たいへん代謝が悪い部分です。

 

ですので、濃いアイシャドウで毎日しっかりアイメイクをしていると
少しずつ色素沈着が進み、シミになってしまいます。

 

特に、ラメやパールなど金属成分を多く含む
キラキラしたアイメイクは、クレンジングしにくく
涙袋のシミの一番の大敵です。

 

 

涙袋のシミを改善する方法

 

アイシャドウ

涙袋のシミ・色素沈着を防ぐには、
とにかく、濃い色のアイシャドウを使うのをやめましょう。

 

また、ラメやパールなどの金属成分入りのアイシャドウも
毎日使うのはやめておく方が賢明です。

 

どうしても使用したい場合には
・しっかりとアイクリームで保湿する
・パウダーファンデーションで、肌に直接アイシャドウが入らないようバリアを作る

 

などのひと手間をお忘れなく!

 

 

目元の皮膚は薄いので、すぐに色素沈着し、シミになります。

 

しかも、涙袋のシミは、一度できてしまうと
なかなかとることが難しいものです。

 

とにかく、シミを作らないことが第一ですよ!

 

 

 

ホットタオル

それでも、できてしまったシミを改善するには
とにかく、新陳代謝を上げ、肌のターンオーバーを活性化し
メラニン色素を排出する方法があります。

 

目元の保湿効果の高いアイクリームなどを使い、
肌にやさしく浸透させることで、目元が潤い、
保水力をUPさせる成分をたくさん浸透させます。

 

 

可能であれば、温タオルなどで目元を温め、
アイクリームをじんわりと奥まで浸透させるとより効果的です。

 

アイクリームは、保湿効果の高いものを選ぶことが
涙袋のシミを改善したいあなたにはおススメですよ!

 

 

 

体験談はこちら

 

 

 

>> アイクリームランキングへ戻る